1. 失業者の館 >
  2. 失業は成功への第一歩 >
  3. 失業中の稼ぎ方

失業中の稼ぎ方

毎月給料が銀行口座に振り込まれる――
この特権は失業者にはありません。
条件を満たしていれば失業保険を受給することができますが、
これも受給期間が過ぎればそれまでです。
失業中は、自分の収入は自分の意思で確保しなければなりません。
では、具体的にどんな稼ぎ方があるのか。
意外にも失業中の稼ぎ方は多くの選択肢があります。

インターネットで稼ぐ

よく知られているネットビジネスは、
ネット懸賞、ネットオークション、アフィリエイト、ドロップシッピングなどです。
ネット懸賞は確率勝負なので、期待できるものではありませんが、
ネットオークションならば、
身の回りにある不要品で思わぬ高収入を得られることもあります。
アフィリエイトやドロップシッピングは時間こそかかるものの、
努力次第で収入はいくらでも伸ばすことができます。
不労所得 (自由な時間と高い収入) を得たい人にとって、
インターネットを使ったビジネスは格好の手段といえます。
→ 詳しくは「失業中はネットで稼ごう」を参照

アルバイトで稼ぐ

最も思いつきやすく確実に収入が得られる手段はアルバイトです。
サラリーマンを辞めて自分で事業を興したい人、
再就職を目指す人でも、
収入が得られるようになるまでは無収入の期間が続くことになります。
その期間に収入を得る手段としてアルバイトは有用なものといえます。
ただし、アルバイトをするとなれば、
失業者の特権である「自由な時間」は当然ながら減ってしまいます。
治験バイトのように簡単で高収入のアルバイトもありますが、
多くのアルバイトはネットビジネスよりも確実に収入が得られる反面、
不労所得というわけにはいかず、その収入額も限られているでしょう。
また、アルバイトの収入額によっては、
失業保険の受給額が減ってしまうこともあります。
失業中のアルバイトには注意点が多くありますので、
よく確認した上で始めることをおすすめします。
→ 詳しくは「アルバイトで稼ぐ」を参照

資産運用

一般的には、株式投資、不動産投資、FX投資などです。
これらを始めるには、ある程度の初期資金が必要になるため、
金銭的余裕のない人にはおすすめできませんが、
FX投資は比較的低額の資金で始めることができます。