1. 失業者の館 >
  2. 失業は成功への第一歩

失業は成功への第一歩

「失業者は不幸」
これが常識のようです。

なるほど、たしかにそれまでの安定した生活を支えていたのが
毎月振り込まれるお給料ならば、
それが途絶えるということは生活の基盤を失うことになります。
会社が半分を負担してくれていた保険料も、
これからはすべて自分が支払わなければなりません。
さらに、会社員や公務員という立場を失うことにより、
社会的な信用も失ってしまいます。
それまで役員と呼ばれていた人も、
会社から離れてしまえばただの凡人です。
過去の栄光話には、誰も興味がありません。
それまで寄りかかっていた背もたれが一瞬にして崩れ去り、
床に頭からたたき落とされる痛みは格別でしょう。

しかし、考えてみてください。

なぜ会社を追い出されたくらいで、
そこまで傷つかなければならないのでしょうか。

収入が無くなるから?
たしかにそれも一因です。

しかし、本当の原因はもっと深いところにあります。
それは会社を過信していたからです。
当てにしてはならないものを、当てにしていたのです。

  • 会社に行けば毎日仕事が与えられる
  • 毎月この日になれば何も考えなくても給料がもらえる
  • 保険料の支払いは給料から天引き、引かれている金額にも無関心
  • 毎年の確定申告はすべて会社まかせ

こんなことを当たり前にしてはいけない!ということです。

会社員がいけないということではありません。
会社に依存したマインドが不幸の元なのです。
会社にべったりと寄りかかっていると、
それが崩れたときに立ち直ることが困難だからです。

失業者だけでなく、たとえ無事なサラリーマンであっても、
いつ会社を追い出されても大丈夫であるような準備をしておく
ことが
大切です。
それにはまず、依存心をできるだけなくすことです。
もちろん、それには限界もあるでしょう。
このサイトを運営している私も、
インターネットを使うための環境管理はプロバイダまかせです。
安心して今の街に住めるのも自治体まかせです。
生活の基盤は、元をたどれば国まかせでしょう。
自分ではどうにもならない部分もたくさんあります。
いえ、そのほうが圧倒的多数でしょう。

大切なのは、
自分を支えているものに無関心であってはならないということです。
「誰かのおかげ今の自分がある」ということを知れば、
必然的に感謝と進歩に満ちた人生を歩むことができるようになります。
そのことに気づくことができた一点で、
失業者は大変な幸福者といえるでしょう。

失業した時点で、本当の成功への第一歩を踏み出しているのです。


しかし、それでも具体的にこれからどうすればよいのか、
生活の基盤を作る方法は?
それが明らかにならないかぎり、
不安は拭い去れないかもしれません。

大丈夫です。

このサイトは関心のある方ならどなたでも歓迎ですが、
主客はやはり現役の失業者です。
これから失業生活をするに当たって大切なマインドから、
具体的な失業中の事務手続き、
そして生活資金を稼ぐ方法を詳しく紹介していきます。