1. 失業者の館 >
  2. これから失業する方へ >
  3. 会社へ返す・受け取るもの

会社へ返すもの・受け取るもの

退職時には、会社に返却するものと受け取るものがあります。
会社に返却するものは、
主に会社の資産や情報セキュリティに関わるものです。
会社から受け取るものは、
失業後や再就職後に必要となる重要書類ですので、
受け取り忘れや紛失等には十分注意しましょう。

会社に返却するもの

社員証・IDカード・社員バッジ・自分の名刺など

その会社の社員であることを証明するものは、
すべて会社に返却します。

健康保険被保険者証

退職すれば会社の健康保険は自動的に脱退となるため、
会社に返却することになります。

資料・データファイル

業務で使用した資料は不要ならばシュレッダー等で処分、
必要であれば後任者に渡しておきましょう。
作成したドキュメント等の電子ファイルも同様です。
これらを許可なく持ち帰ると情報漏洩になりますので、
最後まで責任を持って処分しましょう。

通勤定期券

使わなくなった期間分は会社に返却する必要があります。
返却方法が払い戻された現金かカード本体かは、
会社の指示に従いましょう。

制服・作業衣など

できるだけきれいな状態で返すようにしましょう。

その他の支給品・備品

会社から支給された携帯電話などはもちろん、
ボールペンなどの細かい備品も漏れなく会社に返却しましょう。

会社から受け取るもの

離職票1・2

会社を退職したことを証明する書類で、
退職後10日ほどで会社から送られてきます。
失業保険の手続きをする際に必要になります。
送られてこない場合は必ず会社に確認してください。
離職票1はクリーム色の厚めの用紙に赤印刷で、
雇用保険被保険者番号などの情報が印字されています。
離職票2はA3サイズの用紙に緑印刷で、
右下に退職理由が記されています。
この退職理由は必ず確認しておきましょう。
もし、会社の経営不振などで退職させられたにもかかわらず、
退職理由が「自発的な理由の為」などと書かれていた場合は、
すぐにハローワークに報告してください。
会社の不正な行為によって失業給付額が半分になり、
さらに給付制限期間が付くなどということは、
何としても避けなければなりません。

源泉徴収票

「平成xx年 給与所得の源泉徴収票」と書かれた
ハガキほどのサイズの用紙です。
退職後、その年のうちに再就職した場合は、
新しい会社にこの源泉徴収票を提出して、会社が年末調整を行います。
一方、退職した年のうちに再就職しなかった場合は、
税務署で確定申告をする際、この源泉徴収票が必要になります。

雇用保険被保険者証

雇用保険に加入していることを証明する書類です。
ハローワークで失業保険の手続きをする際に必要なほか、
再就職した場合は、新しい会社にこれを提出して
雇用保険の加入手続きをします。

年金手帳

役所で国民年金の種別変更をする際に必要です。
再就職した場合は、新しい会社に提出します。