1. 失業者の館 >
  2. これから失業する方へ >
  3. 慰留工作の振り切り方

慰留工作はこうして振り切ろう

雇用契約期間の定まっていない労働者は、
いつでも退職する権利があります。

したがって、社員が退職を申し出たとき、
原則として会社はこれを拒否することはできません。

以上のようなことから、上司に退職の相談をもちかけて、
それが受理されなかったとしても、
その時点で退職の意思表示はしたことになるため、
2週間後には雇用契約を解除できるのです。

ただ、法律上の権利に固執して一方的に退職を強行したのでは、
円満退職は望めません。
強引な引き留めをする上司なら振り払うまでですが、
真剣に相談にのってくれるような上司なら、
お互いが納得するまで話し合ってから退職日を決めたいものです。

以下に、上司のレベルを3段階に分け、
それぞれに応じた引き留めの対応策を紹介します。

レベル0 : 悪態をつくタイプ

「お前の教育コストにいくらかかっていると思っているのだ」
「多額の損害賠償を請求する」
「恩を仇で返す気か」
などと悪態をついたり、
あるいは、何度退職の相談をしてもまともに聞いてくれない、
説教ばかりをしてくるような、レベルの低い上司の場合です。

通常、退職するとなると、
会社を裏切るような罪悪感を伴うことが多いのですが、
上記のような対応をされれば、安心して辞められますね。

つまり、3タイプの中では、
最も対応が簡単で精神的負担も少ないケースです。

このような上司の場合、
労働者には退職の自由があることを、誠意を失わない程度に主張し、
早めに会社と縁を切りましょう。
上司が話を聞こうとしない場合は、さらに上の上司に相談します。
会社ぐるみで労働者を辞めさせないような場合は、
すぐに労働基準監督署に相談して是正指導を仰ぎましょう。

レベル1 : 泣きつくタイプ

「希望の部署に配置転換するから」
「給料に不満があるなら昇給させるから」
のように、部下が退職したいとなると急に血相を変えて
条件や待遇を上げてくる上司もいます。
しかし、今までろくに話を聞いてくれなかった上司が、
こんな対応をしてくれることがあるでしょうか。
これは、部下が辞めることによって自分の評価が下がるのを恐れた上司が
その場ででっち上げた偽装工作の可能性があります。

本当に条件や待遇をその通りにしてくれたとしても、
「とにかく部下に辞められては困る」
という上司のもとで働く価値はあるでしょうか。
よくよく考えてみたいものです。

退職後の方針が固まっているのならば、
この程度の慰留で退職を躊躇せず、
「この会社では夢を実現できない」ことをきっちり伝えましょう。

レベル2 : 相談にのってくれるタイプ

「現在の仕事の何が不満なのか」
「どんな仕事ならいいのか」
などと、真剣に相談にのってくれる上司の場合、
こちらもいろいろと気を遣いたくなるものです。
サラリーマンを続ける場合もこういう会社で働きたいものですね。

それでも、退職後にやりたいことがあるのなら、
退職理由を誠意を持って告げ、
お互いが納得するまで話し合った上で退職願を提出しましょう。