1. 失業者の館 >
  2. アルバイトで稼ぐ >
  3. 治験バイトでらくらく収入!

治験バイトでらくらく収入!

失業中のアルバイトとして、
最も簡単で高収入が期待できるものが「治験バイト」です。
「治験」とは、開発中の新薬や健康食品の効能を
モニター (被験者) に実際に服用してもらって確かめることです。
モニターは治験に協力することによって、
負担軽減費という形で報酬をもらうことができます。

治験バイトの基礎

早速、治験バイトを始めましょう!
と言いたいところですが、失業中は他にもやるべきことがあります。
治験バイトはあくまでもアルバイトの一種であり、
これを本業にすることは、少なくとも管理人は勧めていません。
あくまで経済的に苦しいときの応急処置と考えておくべきです。

とはいえ、治験バイトが高額報酬であることは紛れもない事実です。
すぐにまとまったお金が必要な人には最適なアルバイトといえます。
ただし、むやみに治験サイトに登録して応募するのは考えもの。
まずは治験バイトの基本事項を押さえておきましょう。

安全性が高く、万一の場合も補償される

治験というと「人体実験」のようなものを思い浮かべ、
変な薬の実験材料にされるような印象を持たれるかもしれませんが、
そんなことはありません。
モニターに治験をしてもらうまでにその薬や食品は、
何段階もの臨床試験 (動物実験や専門医師による治験) を通過して、
すでに安全であることが確認されています。
私たちモニターに頼んで確認してもらうのは、
安全性ではなく、どれくらいの効果があるかということです。
ただし、薬を服用する以上、副作用の可能性をゼロにすることはできません。
そのため、万一副作用が起こったときも
確実に補償してくれる機関を選んで登録するべきです。

拘束時間と報酬の関係

治験バイトの中には入院試験が多くあるので、拘束時間が非常に長く、
その結果高額報酬になると思われる方も多くあります。
たしかに、治験の拘束時間は便宜上は「長い」と言えます。
しかし、この拘束時間は薬の効能が表れるまでの時間も含まれるため、
服用後であれば寝ている時間も拘束時間なのです。
したがって、治験の拘束時間の大部分は、実質は自由な時間なのです。
入院中も自宅にこそ居られないものの、
それ以外は、食事制限くらいはあるかもしれませんが、
ほとんど自由にしていてよい場合がほとんどです。
この点は、勤務中は常に体を動かしている建設現場のアルバイトなどとは
大きく違うことがお分かりでしょう。

治験バイトに登録しよう!

以上のようなことから、
治験は「経済的にも時間的にもピンチ」という人には
うってつけのアルバイトとといえます。
では、治験バイトの基本事項を確認した上で、
本当に治験バイトをする必要がありそうな場合は、
さっそく信頼できる治験バイト紹介サイトに登録してみましょう。
以下に治験モニターに登録できるサイトの中でも
信頼度の高いものを紹介します。